29/07/2010 | 14:31:00

タンロン建都1000年記念式典の記念品に美術工芸品18点

7月12日、タンロン・ハノイ建都1000年記念式典・記念品発案コンテスト審査会は、記念式典で贈呈する記念品として、ハノイの美術工芸品18点を正式に決定しました。

記念品に選ばれたのは◇ホアン・ヴァン・ホイ氏のスゲ細工製品6点セット◇ホアン・ヴァン・ハイン氏の籐バッグ◇チョンレ社の竹扇子◇チエウ・ヴァン・マオ氏の絹製品5点セット◇グエン・フウ・チン氏のホアバン・シルクスカーフ3点セット◇アジア天然絹糸社のシルクネクタイ◇グエンザータン・ドンホンタン社によるタンロンの美しい景色を描いた銅皿製品2点セットなど。

このほか◇クーロン装飾社による伝統的なデザインのネックレス◇クアック・トゥアン・トゥ氏による銀のコサージュ◇グエン・ヴァン・ヴィン氏による長方形の籐製紙ナプキン入れ◇タントゥアン投資開発貿易社によるベトナム人向けデザインの箸◇グエン・ティ・ハン氏の籐製バッグ5点セット◇グエン・ズイ・タン氏のニス塗り竹製ペン◇スアンベト美術工芸品・宝石画生産株式会社の一柱寺2◇ファム・ドゥック・ティエン氏の花蔓模様で銅縁の黒色陶茶器セット◇グエン・ヴァン・ビン氏の籐製ファッションバッグ、グエン・タン・ファット氏の装飾品6点セット◇ヴー・ヴァン・ゾイ氏による李朝スタイルの龍刺繍が選出されました。

これらの製品はいずれも、美しさ、記念品としての機能、経済的価値の高さ、タンロン・ハノイ建都1000年の文化および歴史との関連性といった基準を満たしている品々です。 審査会はこれらの中から最優秀賞を1作品、優秀賞を2作品、三等賞を5作品、奨励賞を10製品選びました。

「ハノイ1000年の文化」をテーマとしたこのコンテストは、記念式典を訪れる観光客用に、芸術的価値が高く、タンロン・ハノイの歴史や文化に関わりのある記念品を選ぶため、2月末から7月にかけて実施されました。

またこのコンテストは、美術工芸品の作家、優れた職人、製作者の創作力を刺激するとともに、ハノイ伝統工芸文化の価値を称えることも目的としています。

コンテスト実行委員会は、これらの記念品を通じてタンロン・ハノイ1000年の文化に関する歴史的景勝地や文化的シンボルを国内外からの観光客に紹介したいと考えています。

また記念品の製作は、タンロン・ハノイ建都1000年記念式典を祝して実施されるハノイ美術工芸品週間の枠組みにおける7つの活動の一つでもあります。

印刷 お気に入り