10/08/2010 | 14:09:00

ハノイのタンロン城王宮跡(ホアンタインタンロン)は世界の文化遺産となった

ベトナムのハノイの人民委員会によって、8月1日の6時半(ブラジルの時間:7月31日、午後10時半)において、ブラジルのブラジリア首都で行われたUNESCOの世界遺産委員会の第34回の会議はベトナムのタンロン城王宮跡が世界文化遺産となることを認定した。

ハノイの人民をはじめ、ベトナムの人々に対してそのことはタンロン-ハノイの1000周年建都記念日にあたり、評価しきれないほどのプレゼントである。

ハノイのタンロン城王宮跡の中央の部は全世界の価値を有し、1000年間に連続に特別な人文の価値、彫刻芸術、建築芸術、建設の技術、都市企画が交流する場所である。

ハノイのタンロン城王宮跡も1000年間に、ベトナムの連続の権利のセンターであり、東南アジアと東亜の君主国の発展の歴史においてベトナムの民族の文明の発展についての唯一の遺跡である。

ハノイのタンロン城王宮跡の3つ特徴を通じて、ユネスコ世界遺産センター(WHC)はハノイのタンロン城王宮跡が世界文化遺産となることを認定した。ハノイのタンロン城王宮跡の中央の地区で開発された遺跡はずっと長い時において多くの文化が交流したものであり、仏教、儒教、外国からの文化の影響を受け、ホンデルタにおいての国の政治、経済、文化の中心であった。

印刷 お気に入り