25/08/2011 | 15:17:00

ハノイの人々の大きな夢

初めて、ハノイ首都の企画は国際展示ドームにおいて紹介された。(VNP)

2011年7月26日、ベトナムのグエン・タン・ズン首相は2030年までハノイ首都の企画のプロジェクトを正式に承認した。2050年までのビジョンは ハノイの首都の人々だけでなく、全国の人々の関心を集めた。

2011年8月1日から、ハノイのTu Liemの国家展示ドームにおいて、ベトナムの首相が承認したハノイ首都企画のプロジェクトを紹介した。そのことは、多くの人々の関心を集めた。

ベトナム人の関心を通じて、「狭い」、「古くなる」のHa Noiに新たな姿をもたらすことは非常に必要なことである。

予定によると、旧Ha Tay地域を含み、拡大されたHa Noiは現在、人口が644万8837人であり、2030年、900万人を超え、2050年、1100万に達するという。

2050年までのハノイの企画と2050年までのビジョンは「緑-文献-文明-現代」の都市に向けることである。面積が3千344,6kmで ある土地、その中、耕作地が70%を占める土地において、ハノイ年のセンターの人口を減少させるために、ハノイ首都は5つの衛星市街を設立する予定。その 市街は交通の網、遠隔通信網、インフラ網などの各システムで結合する。特に、この衛星市街の中心に、「緑の廊下」というスペースもある。

元のベトナムの資源観光省の副大臣であるダン・フン・ヴォ教授にとって、緑の空間が現代の都市の維持的な発展の基礎である。現実にパリ、ロンドン、ワシントンなどは緑の都市となった。

専門家の評価によると、今回の企画は空間の要素だけでなく、経済の要素も重視した。そのため、将来、Ha Noiは多く名政治センターだけなく、全国の経済のセンターの核となる。また、今回の企画は東方と西方の企画の方法があり、「風水」の要素も含まれる。


 

将来の5つの衛星市街

1.                     ホア・ラック市街:科学の市街

2.                     ソンタイ市街:文化、歴史、生態観光の市街

3.                     スアンマイ市街:大学、サービスの市街

4.                     フー・スエン-フー・ミン市街:工業、倉庫、商品配達、運輸の市街

5.                     ソック・ソン市街:工業、ノイバイ空港、ソック山を保存する市街

印刷 お気に入り