20/09/2010 | 19:10:00

ハノイ市:建都1000年記念式典期間中一部道路で交通規制

タンロン・ハノイ建都1000年記念式典の開幕日(10月1日)と閉幕日の(同10日)の2日間、ハノイ市は市内の複数の道路で交通規制を実施する予定です。

8月30日午後にハノイ市人民委員会のグエン・ヴァン・コイ副委員長が発表した内容によると、これまでに公安局と交通運輸局の合同組織や関連する各委員会、部局、および地元政府は3つの案を策定し、記念式典において特に重要な3つのプログラムの開催中は防護柵で囲んだエリアへの車両の進入を禁止し、交通規制を行う人員を配置する計画です。

建都1000年記念式典の開幕式は10月1日朝にリータイトー像地区で行われますが、ここから約1000メートルの範囲で交通規制が実施されます。

また、ハンガイ~ハンハイン~ハンチョン~ハンカイ~バーチエウ~ハンバイ~ハイバーチュン~ゴクイン~チャングエンハン~ロースー~カウゴー~ハンダオの各通りで車両通行禁止となります。

10月10日朝にバーディン広場で行われる軍事行進と記念パレードの間は、周辺に防護柵が設置され、車両通行禁止となります。車両の通行は、グエンタイホク~レホンフォン~ホアンホアタム~トゥイクエ~クアンタイン~ファンディンフン~グエンチフオン~ディエンビエンフー~チャンフー~ホアンジエウの各通りに沿って交通整理されます。

交通運輸局は、式典に参加する車両の通行を確保するための監視ポイントや集合ポイント、軍事行進および記念パレードの車両用道路を配置する予定です。またハノイ市内への交通は、第3環状道路から外側で交通が規制されます。

10月10日夜にミーディン競技場で開催される閉幕式の間は、ダイモー~レドゥックトー~ホートゥンマウ~グエンコータックの各通りで車両通行禁止となります。同時に、第3環状道路から外側で交通規制を、また代表団が通る道路および閉幕式が行われる地区周辺で一部交通規制を行います。

式典期間中に他の省からハノイ市を訪れる人々の通行量を減らすため、ハノイ市人民委員会は、臨時駐車場を式典開催地区の外に配置し、そこから市中心部へのバスの本数を十分に確保することにしました。

また同市は、これら駐車場がそれぞれの地区・地域の交通に影響を及ぼしたり渋滞を引き起こしたりすることがないよう、注意を促しています。

このほかハノイ市は、内陸水路による輸送活動、特に渡船業を厳しく管理します。安全条件を守らない埠頭、港、輸送手段の活動を停止するとともに、観光客を輸送する水路での交通手段の管理を強化します。

式典期間中、ハノイ市交通警察はパトロールを重点的に行います。特に許容速度違反、信号無視、侵入禁止区域・道路への侵入、駐車・停止違反、ヘルメット未着用、送迎や荷物輸送の規定違反などの違反行為について厳しく取り締まります。

印刷 お気に入り