21/12/2011 | 15:27:12

ホン(Hong)川辺における陶器の道

各児童たちの各作品に従って実現された芸術的な陶器工程の部分。写真:ホアン・ハー(Hoang Ha)

タン・ロン(Thang Long)-ハノイ1000年大記念祭を記念するために、グエン・トゥー・トゥイ(Nguyen Thu Thuy)画家により始められ、「ホン(Hong)川辺における陶器の道」屋外の芸術プロジェクトはホン(Hong)川辺における防壁に沿う壁において、 実現された。

7年前に、タンロン遺跡を発掘し、見聞をし、地下からの祖先の遺物を見るとき、グエン・トゥー・トゥイ(Nguyen Thu Thuy)画家は祖先により残された遺物を通じて、リー(Ly)時代、チャン(Tran)時代、レー(Le )時代、グエン(Nguyen) 時代の歴史の流れを見て、感動した。ドイツの新聞記事に関する勉強コースに参加するとき、彼女はドイツ、イタリア、スペインにおける陶器芸術過程を見る チャンスがあった。それで、彼女は陶器の存在性を考え、ハノイ-彼女が住んでいる親しみのある都市において、陶器芸術の工程を実現する方法を探した。

陶器芸術の工程を熱心に実現した4年間後、陶器の壁は日増しに、コンクリートの防壁を覆った。陶器の壁は建設するための壁ではなく、ハノイにおける最初の共同性のある芸術工程になった。ファン・ヴィエット・ホン・ラム(Pham Viet Hong Lam)画家、トゥン・ゴック(Tung Ngoc)画家、ゾアン・ソン(Doan Son)画家、グエン・トゥー・トゥイ(Nguyen Thu Thuy)画家などの数十名の画家のほか、Michacel Geertsen画家(デンマーク)、Dominique de Miscaut画家(フランス)、Joe Breman画家、Jole Bennett画家(アメリカ)、Civitulic 画家、Bobio画家、Ci.dania画家(アルゼンチン)などの他の10カ国から15名の画家はホン(Hong)川辺における陶器の道のプロジェクトを実現することに参加した。デンマーク、フランス、スペインなどの欧州からアメリカ、アルゼンチンなどのアメリカ州、ニュージーランドなどの大洋州からのすべての画家はこの特別な屋外の芸術作品を熱心に実現し、同作品に興味を持った。外国人の画家により実現された陶器の壁は特別な美しさを作り、各国間の文化協力のシンポルになった。ホン(Hong)川辺における陶器の道プロジェクトのウェブサイトを通じて、同プロジェクトへ約1百名の外国人の陶器職人と画家は芸術的な陶器の煉瓦と草案を送った。それで、ホン(Hong)川辺における陶器の道には、遠い国家、地域の特徴がある煉瓦があり、バット・チャン(Bat Trang)陶器、チュー・ダウ(Chu Dau)陶器、フー・ラン(Phu Lang)陶器、ビン・ズオン(Binh Duong)陶器、ヴィン・ロン(Vinh Long)陶器、バウ・チュク(Bau Truc)陶器間の結合を有する。ホン(Hong)川辺における陶器の道は祖先の芸術文化遺産の尊敬、描写言語を通じてのドン・ソン(Dong Son)時代からリー(Ly)時代、チャン(Tran)時代、レー(Le )時代、グエン(Nguyen)時代までの歴史の流れの模様、ベトナムの54少数民族の紋織りにおける模様、建築装置、「ハノイ-平和のための都市」と題されたベトナム人の児童、外国人の児童の陶器の絵、ベトナム人の画家、外国人の画家の陶器の現代絵などの数多くのテーマを有する21つの部分を含む。18世紀末から19世紀の初めまでのハノイについてのイメージを陶器の柱(60cmの直径と1,8メートルの高さがある)に再現することは成功な結果に達した。1200Cの熱度で、焼かれたので、同イメージの陶器作品は永遠になり、ハノイのすべての気候条件に直面できる。これはホン(Hong)川辺における陶器の道におけるハノイ歴史イメージを表現する意義的な芸術的な陶器工程の部分である。

印刷 お気に入り