29/07/2010 | 14:22:45

「龍」の文字をモチーフにした書道作品1,000点が式典に華を添える

タンロン・ハノイ建都1000年記念式典では、書道家のカイ・ヴァン・ロン氏とレ・ティエン・リー氏による「龍」の文字をモチーフにした書道作品1,000点が展示されます。

それぞれ21×32cmサイズの紙に描かれた「龍」の文字は、龍そのものだけでなく、銃を手にした祖国を守る兵士の姿などさまざまなシンボルを用いて表現され、全作品を合わせた長さは約210mに及びます。

これらの貴重な作品は、10月に行われるタンロン・ハノイ建都1000年記念式典に正式参加するフエ市から贈られたもので、今年6月に開催された「フエフェスティバル2010」の期間中はフオン川沿いにあるトゥオンバック公園(フエ市)に展示されました。

このフェスティバルでは8つの「ベトナムギネス」が生まれましたが、これらの作品もまた、「龍」の文字を史上最多の1,000種類に表現したとして、ベトナムギネスブックセンターによりその一つに認定されています。

印刷 お気に入り