21/12/2011 | 15:32:48

4つの季節におけるホアンキエム湖

ホアンキエム湖の回りの木の芽。写真:チャン・リン(Trang Linh)、タイン・ラット(Thanh Dat)

それぞれの季節において、ゴックソン宮殿、タップルア(亀の塔)、タップブット(筆の塔)、テフック橋、タップホアフォン塔などはホアンキエム湖遺跡のそれぞれのハノイの特徴を現す。

春は、ホアンキエム湖の周りの景色は絵のように見える。

夏の蒸し暑い日でも、ホアンキエム湖の空気はいつもさわやかである。真っ赤な花がある鳳凰の木の姿はホアンキエム湖の水面に写しだされる。

涼しくなる秋において、ホアンキエム湖の周りのサガリバナの花は午後咲き、風の中、そっと散り、翌日の朝、ホアンキエム湖の水面に落ちた。

寒くなる冬において、風の中、ホアンキエム湖は縮むようである。ホアンキエム湖の周りの木の葉は散り、春を待つ。

ハノイの中にあるホアンキエム湖は絵のように見え、人々に平和でロマンチックな感覚を与える。

印刷 お気に入り