クアバック教会

クアバック教会

クアバック教会の最初の正式名称は「諸聖女王教堂」で、聖母マリアがすべての神の女王であるという意味を有し、その後、通称「クアバック教会」とも呼ばれる。

ホン川両岸の印象

ホン川両岸の印象

自転車に乗り、ホン川を巡るツアーは私たちに非常に印象深いものであった。そのツアーに参加すると観光客はホン川両岸の魅力的な景色を観賞したり、ベトナムの村の伝統的な文化を理解したりする機会がある。

詳細

ハノイの蓮

ハノイの蓮

蓮は自然のどこにでも生えていますがベトナム人にとっては貴重な花だと見られています。いつからベトナムで蓮を栽培し始めたかはよく分かりません。ハノイ には貴重な種類の蓮がたくさんあります。特にホー・タイ(Ho Tay)タイ湖の蓮です。人々は蓮で薬を作り、蓮のお茶を飲みます。

詳細

ハノイって面白い

ハノイって面白い

ハノイを訪問した国内外の観光客は、千年の歴史があるベトナムの首都に好意的な感想を抱き、それぞれがハノイの地と人に関する新たな発見をしている。

詳細

エレガントなハノイの人々

エレガントなハノイの人々

バン・ソン(Bang Son)作家(1932年生まれ)は生まれてからずっとハノイに住んでいる。彼にとって、ハノイは文学創作において最も強いインスピレーションを生んでき た。これまで、作家バン・ソンはハノイをテーマにしたエッセーをおよそ千編執筆した。タンロン・ハノイ遷都1000年記念日に向けて、ベトナムフォト ジャーナルの記者はハノイの人々のエレガントさに関するインタビューを行った。

詳細

築の魅力

築の魅力

ハノイの建築には魅力がある。伝統的建築とフランス建築は時間とともに存在する伝統と現代の特徴を有する空間を作り出した。

詳細

ハン・ティエック通り

ハン・ティエック通り

ハン・ティエック通りはハノイ36通りにある古くからの工芸通りである。この通りのほとんどの家は古く、小さくて、マッチ箱を重ねた形のように見える。 昔、ハン・ティエック通りはト・スオン県、ティエン・トゥック郡イエン・ノイ村にあり、現在は首都ハノイのホアン・キエム区ハンガイ地区にある。

詳細

注目記事

一柱寺

一柱寺はその昔、李王朝時代のタンロン皇城の東部にあるクアンドゥック県タインバオ村という地方に位置していたが、現在、ハノイ市バーディン区のチュア モットコット通りにある。

チャーカー(Cha ca)

チャーカーは魚のグリル料理の「傑作」である。その調理法はドアン家に代々伝えられて来た。 70 年を経て、チャーカーはこの料理から名付けられたチャーカーと称する通りがハノイに誕生したほどハノイの人々に親しまれている。

アオザイ仕立て職人の街、ルオンバンカン通り

< 風になびくアオザイの身頃はベトナム文化の美しさの極みと賞されています。アオザイは一千年の歴史の中で、常にその美しさや可憐さが追求され続けました。

ハノイのタンロン城王宮跡(ホアンタインタンロン)は世界の文化遺産となった

ベトナムのハノイの人民委員会によって、8月1日の6時半(ブラジルの時間:7月31日、午後10時半)において、ブラジルのブラジリア首都で行われたUNESCOの世界遺産委員会の第34回の会議はベトナムのタンロン城王宮跡が世界文化遺産となることを認定した。

ベトナムのタンロン城王宮跡、無価値な文化遺産

無価値な世界文化遺産であるベトナムのタンロン城王宮跡の中心はハノイ旧古城圏と18Hoang Dieu 通りにある考古学圏の何数万平方メートルの中に広さが18.000m 2 である。 タンロン城王宮跡はベトナムの民族の文化の特徴を有するだけでなく、世界において特別な価値を有する。