クアバック教会

クアバック教会

クアバック教会の最初の正式名称は「諸聖女王教堂」で、聖母マリアがすべての神の女王であるという意味を有し、その後、通称「クアバック教会」とも呼ばれる。

リー・クォック・ス通り

リー・クォック・ス通り

リー・クォック・ス通りはホアン・キエム区のハン・ボン通りとハン・マイン通りの交差点からニャー・ト-通りとオウ・チュウ通りの交差点までを指す。昔は トォ・スオン県、トゥアン・ミー集落ティエン・ティ村で、19世紀初頭から府の通り、さらに県の通りとなり、フランスの殖民下ではRue Lamblo通りと呼ばれていた。

詳細

タンロンの地で将棋大会

タンロンの地で将棋大会

リー朝(1009-1225)の時代から、フン・カイン寺やデ・ティック礼拝殿(俗称ヴア寺)はホア・ビン市場がある繁華街、ハノイ市ハイ・バ・チュン区 ティン・イェン町17番にある。ハノイ市はタンロンの都の一つであった。ベトナムの民間伝説ではデ・ティックは将棋が一番上手な人で、起死回生に長ける人 だと言われている。

詳細

ドン・ガック村、昔の姿が永遠に

ドン・ガック村、昔の姿が永遠に

ハノイのトゥ・リエム県の古いドン・ガック村は伝説的なホン川沿いにあり、多くの年月が経ったが、昔からの歴史、文化的価値が今も残っている。

詳細

ハンチョン通り

ハンチョン通り

長さ396 mのハンチョン通りはハノイのホアン・キエム区のハンチョン地区にあり、太鼓、日よけ傘の生産と刺繍や民間の絵で有名である。20世紀の初頭にはハンテウ (Theuは縫うこと)、フランスの殖民地となった時はJules Ferryと呼ばれ、1945年からハンチョン通りとなった。

詳細

ハノイの記憶

ハノイの記憶

ベトナムのハノイのロドゥック通りの23の小道においてのドアン・ティン教師とその息子であるドアン・バック氏の2000枚の白黒の写真のコレクションは 歴史的な資料を有するだけでなく、昔のハノイを人々に紹介できる。

詳細

竜が飛び上がった当時

竜が飛び上がった当時

1010年7月の秋から、王様の船団はドラムを鳴らし、旗を揚げ、リー・コン・ウアン王様はホア・ルー(ニン・ビン)から遷都し、ニ・ハー港湾に着岸した 時、黄金の竜が水面から出て、青い空へ飛び上がって行くのが見えたので、ダイ・ラーをタン・ロン(竜が登場するという意味)と新たな名を付けた。その時か ら今に至って、ちょうど千年になった。

詳細

注目記事

一柱寺

一柱寺はその昔、李王朝時代のタンロン皇城の東部にあるクアンドゥック県タインバオ村という地方に位置していたが、現在、ハノイ市バーディン区のチュア モットコット通りにある。

チャーカー(Cha ca)

チャーカーは魚のグリル料理の「傑作」である。その調理法はドアン家に代々伝えられて来た。 70 年を経て、チャーカーはこの料理から名付けられたチャーカーと称する通りがハノイに誕生したほどハノイの人々に親しまれている。

アオザイ仕立て職人の街、ルオンバンカン通り

< 風になびくアオザイの身頃はベトナム文化の美しさの極みと賞されています。アオザイは一千年の歴史の中で、常にその美しさや可憐さが追求され続けました。

ハノイのタンロン城王宮跡(ホアンタインタンロン)は世界の文化遺産となった

ベトナムのハノイの人民委員会によって、8月1日の6時半(ブラジルの時間:7月31日、午後10時半)において、ブラジルのブラジリア首都で行われたUNESCOの世界遺産委員会の第34回の会議はベトナムのタンロン城王宮跡が世界文化遺産となることを認定した。

ベトナムのタンロン城王宮跡、無価値な文化遺産

無価値な世界文化遺産であるベトナムのタンロン城王宮跡の中心はハノイ旧古城圏と18Hoang Dieu 通りにある考古学圏の何数万平方メートルの中に広さが18.000m 2 である。 タンロン城王宮跡はベトナムの民族の文化の特徴を有するだけでなく、世界において特別な価値を有する。