クアバック教会

クアバック教会

クアバック教会の最初の正式名称は「諸聖女王教堂」で、聖母マリアがすべての神の女王であるという意味を有し、その後、通称「クアバック教会」とも呼ばれる。

4輪車に乗り、ハノイの旧市街を訪問

4輪車に乗り、ハノイの旧市街を訪問

ハノイで初めて使用される充電式電動4輪車は、ゆっくりと走る、お客にホアンキエム湖、テフック橋、タップルアなどハノイの旧市街を紹介する。

詳細

ホン(Hong)川辺における陶器の道

ホン(Hong)川辺における陶器の道

タン・ロン(Thang Long)-ハノイ1000年大記念祭を記念するために、グエン・トゥー・トゥイ(Nguyen Thu Thuy)画家により始められ、「ホン(Hong)川辺における陶器の道」屋外の芸術プロジェクトはホン(Hong)川辺における防壁に沿う壁において、 実現された。

詳細

ハノイの人々の大きな夢

ハノイの人々の大きな夢

2011年7月26日、ベトナムのグエン・タン・ズン首相は2030年までハノイ首都の企画のプロジェクトを正式に承認した。2050年までのビジョンはハノイの首都の人々だけでなく、全国の人々の関心を集めた。

詳細

チャーカー(Cha ca)

チャーカー(Cha ca)

チャーカーは魚のグリル料理の「傑作」である。その調理法はドアン家に代々伝えられて来た。 70 年を経て、チャーカーはこの料理から名付けられたチャーカーと称する通りがハノイに誕生したほどハノイの人々に親しまれている。

詳細

ハノイの青いもち米のおこわ ソイ・コム

ハノイの青いもち米のおこわ ソイ・コム

毎年、秋がやってくると、ハノイの町では青いもち米の入った籠を両端にぶら下げた天秤棒を担いでいるお婆さんやおばさんの姿を見かける。

詳細

タンロン・ハノイ、歴史的証人の遺産たち

タンロン・ハノイ、歴史的証人の遺産たち

ベトナム自然環境保護会環境美術センターのチャン・ゴック・ハイ所長は、ハノイ市のホアンキエム湖、一柱寺、文廟、国旗掲揚塔を、同市における数千年の歴史の証人と評しています。

詳細

注目記事

一柱寺

一柱寺はその昔、李王朝時代のタンロン皇城の東部にあるクアンドゥック県タインバオ村という地方に位置していたが、現在、ハノイ市バーディン区のチュア モットコット通りにある。

チャーカー(Cha ca)

チャーカーは魚のグリル料理の「傑作」である。その調理法はドアン家に代々伝えられて来た。 70 年を経て、チャーカーはこの料理から名付けられたチャーカーと称する通りがハノイに誕生したほどハノイの人々に親しまれている。

アオザイ仕立て職人の街、ルオンバンカン通り

< 風になびくアオザイの身頃はベトナム文化の美しさの極みと賞されています。アオザイは一千年の歴史の中で、常にその美しさや可憐さが追求され続けました。

ハノイのタンロン城王宮跡(ホアンタインタンロン)は世界の文化遺産となった

ベトナムのハノイの人民委員会によって、8月1日の6時半(ブラジルの時間:7月31日、午後10時半)において、ブラジルのブラジリア首都で行われたUNESCOの世界遺産委員会の第34回の会議はベトナムのタンロン城王宮跡が世界文化遺産となることを認定した。

ベトナムのタンロン城王宮跡、無価値な文化遺産

無価値な世界文化遺産であるベトナムのタンロン城王宮跡の中心はハノイ旧古城圏と18Hoang Dieu 通りにある考古学圏の何数万平方メートルの中に広さが18.000m 2 である。 タンロン城王宮跡はベトナムの民族の文化の特徴を有するだけでなく、世界において特別な価値を有する。