クアバック教会

クアバック教会

クアバック教会の最初の正式名称は「諸聖女王教堂」で、聖母マリアがすべての神の女王であるという意味を有し、その後、通称「クアバック教会」とも呼ばれる。

チェム会館

チェム会館

チェム会館は、ベトナムで最も長い歴史を持つ会館とされている。千数百年前から現在まで、ハノイのトゥーリエム県ドンガック村のホアン集落、マック集落、チェム集落の住民たちが共用している鎮守の社。

詳細

ヴォンティ村

ヴォンティ村

その昔、ヴォンティはタンロンの都のクアンドゥック県に位置していた。多くの歴史の変遷を経てもなお、この村は昔からの名前をそのまま維持し、現在、ハノイのタイホー区に位置する歴史ある場所だ。

詳細

古寺Hoe Nhaiと不思議な像

古寺Hoe Nhaiと不思議な像

タンロン(昇龍、現在のハノイ)の大きな古い寺のひとつHong Phuc寺は、Hoe Nhai寺とも呼ばれ、李朝(1010-1225) の時代に建設され、現在ハノイのHoe Nhai通りにある。

詳細

ハータインの朽木

ハータインの朽木

ハノイでは、朽木(ルアゴー)を楽しみにして集う人々が多かった時代があったが、現在のところ、その数は少なくなってきており、愛好家も減少しつつある。

詳細

ハノイの古典的な屋根

ハノイの古典的な屋根

コケの生えている小さな屋根があちこちと点在するハノイ36通りの景観は、この都市が生まれた頃の時代を表す貴重な「美」とも言える。

詳細

チュウ・フック村の工芸家

チュウ・フック村の工芸家

ハノイのタイン・チ県タン・チュウのチュウ・フック村の人々は昔からベトナムの伝統的な布であるトカムに誇りをもっている。

詳細

注目記事

一柱寺

一柱寺はその昔、李王朝時代のタンロン皇城の東部にあるクアンドゥック県タインバオ村という地方に位置していたが、現在、ハノイ市バーディン区のチュア モットコット通りにある。

チャーカー(Cha ca)

チャーカーは魚のグリル料理の「傑作」である。その調理法はドアン家に代々伝えられて来た。 70 年を経て、チャーカーはこの料理から名付けられたチャーカーと称する通りがハノイに誕生したほどハノイの人々に親しまれている。

アオザイ仕立て職人の街、ルオンバンカン通り

< 風になびくアオザイの身頃はベトナム文化の美しさの極みと賞されています。アオザイは一千年の歴史の中で、常にその美しさや可憐さが追求され続けました。

ハノイのタンロン城王宮跡(ホアンタインタンロン)は世界の文化遺産となった

ベトナムのハノイの人民委員会によって、8月1日の6時半(ブラジルの時間:7月31日、午後10時半)において、ブラジルのブラジリア首都で行われたUNESCOの世界遺産委員会の第34回の会議はベトナムのタンロン城王宮跡が世界文化遺産となることを認定した。

ベトナムのタンロン城王宮跡、無価値な文化遺産

無価値な世界文化遺産であるベトナムのタンロン城王宮跡の中心はハノイ旧古城圏と18Hoang Dieu 通りにある考古学圏の何数万平方メートルの中に広さが18.000m 2 である。 タンロン城王宮跡はベトナムの民族の文化の特徴を有するだけでなく、世界において特別な価値を有する。