老若男女が集まる切手市場

ハノイ市チエウべトブオン通り160番地では、毎週日曜日朝9時から切手市場が開かれます。市場といっても、人々は切手を売り買いするだけではなく、切手を鑑賞したり、切手にまつわる物語を聞くために集まります。

切手市場の始まりは2003年末、チャットを通じて知り合った切手愛好家たちがチエウベトブオン通り160番地の路上カフェに集まるようになったのがきっかけで、以来7年近く毎週休むことなく開かれています。

路上カフェがなくなった現在、切手市場はプラスチックのテーブルと椅子が数脚並べられただけの簡素なものですが、切手交換をする人、切手への思い入れを語る人で賑わい、切手愛好家たちにはなくてはならない場所となっています。

市場に集まる人々は老若男女、学識者から自転車修理職人と様々です。常連客の他にも、この切手市場の噂を聞きつけて全国各地から切手愛好家が集まるほか、外国人の姿もあります。オンラインの切手市場が開設された最近では、路上切手市場を訪れる切手愛好家は減ったものの、依然としてこの市場での切手交換は根強く、一見客が切手を売りに来ることもあります。

切手市場は、小さな切手にたくさんの思いが詰まった切手愛好家の文化であり、タンロン建都1000年の文化といっても過言ではないでしょう。