ハノイの蓮

大きく花びらがピンクで、香りが見事なハノイのホー・タイ(Ho Tay)蓮。写真:アン・タン・ダット(An Thanh Dat)

沼に生えるもので蓮ほど美しいのは・・・。」

蓮は自然のどこにでも生えていますがベトナム人にとっては貴重な花だと見られています。いつからベトナムで蓮を栽培し始めたかはよく分かりません。ハノイには貴重な種類の蓮がたくさんあります。特にホー・タイ(Ho Tay)タイ湖の蓮です。人々は蓮で薬を作り、蓮のお茶を飲みます。

蓮の香りをかぐのは芸術です。それは洗練された、ロマンチックな気分になります。早朝から蓮花を摘み始め、夜の露を受けた後も摘み取られます。そして蓮の 花びらを開け、めしべとおしべを摘み取ります。めしべの周りに白い粉がたくさんあり、それは「蓮の米」と呼ばれています。蓮のめしべから「蓮の米」がゆっ くり枝分かれします。この「蓮の米」は芳香だけでなく蓮茶にも使います。ベトナム人の健康と美容に関する蓮の秘密がたくさんあります。昔、ダイ・ベト (Dai Viet)皇居の中で、王様に愛された美人は蓮を浮かべて入浴しました。朝、蓮の葉のしずくを取って浴びました。蓮はきれいだけでなく、神経にもとてもい いのです。

蓮の美しさと魅力は描きがたいものです。どこに行っても蓮を見たら故郷を思い出します。蓮はベトナム人の文化、精神、高雅な性格のシンボルです。&